きらくBLOG

9/8(木)美食同源 ~目指すはしなやかな心と身体~セミナーご案内 (9/6(火)申込締切) by院長

美食同源 セミナー

株式会社 玄米酵素さんにご協力頂き、

9月8日(木)18:30~19:30、美食同源セミナーを開催致します。参加費は無料です。

場所は、エコロホール(総武線両国駅より徒歩2分)

管理栄養士 加藤初美さん(2016 ミス・ユニバース・ジャパン公式コーチ)にお話頂きます。

詳細・お申し込みは、クリニックまでご連絡下さいね。

セミナー後に、管理栄養士監修の玄米自然食のお弁当も準備しています。

ハイ・元気もプレゼントされます。

食生活が乱れている、身体にいいものとは?等、感じられている方は、是非、ご参加ください!

待合室とエレベーターホールを楽しい空間へ byマネージャー

伊勢神宮 御苑

こんにちは。HAPPYな環境作り担当のマネージャーです。
現在、待合室とエレベーターホールを幸せな楽しい空間にしようと色々試みています。

①エレベーターホールに、上部の伊勢神宮神苑の写真を飾りました。ぐ~っと雰囲気が上がった気がします。気持ちが下がっているなと感じる方は、ここで元気を頂いて下さいね。こちらの絵をみるとテンションが上がるんですよね~。やっぱり伊勢神宮は凄い!ちなみに、待合室にも伊勢神宮写真集があります。こちらも神聖な気持ちにさせてくれますね。

②エレベーターホールのマットを厚手のクリニックロゴマーク(幸せまるちゃんと勝手に名付けてます)入りに変更しました。ふわっと可愛い雰囲気になりました(と思っています)。

③待合室の空間を和らげる為、パンフレットが沢山入ったラックをエレベーターホールへ移しました。最初は「う~ん」と首を傾げていた院長も、「何か良い感じになったね。でも、クリニックの雰囲気じゃなくなってる気がする~」と言われてましたが。。。はい、リラックスできる温泉宿をイメージしています。具合の良くない時は、リラックスしたいですもん。。。その為に、ライトも暖色にしたり、医療広告は最小限にしています。

④入口真正面に飾った着物生地の飾りは、手作りしました(と言っても、作り方は簡単なので、あまり偉そうには言えませんが。。。)

⑤受付には、生花を飾っています。お花は優しいので疲れを取ってくれると言われるので。観て楽しんで頂くだけでなく、癒されてもらえたらと思っています。昔、生花を習ったのですがま~ったく才能がなく直ぐ止めてしまったので、お花さん、ありがとう!と声を掛けながら、ぶきっちょなりにせっせと活けています。そして、受付の皆さんが毎日お水を交換してくれています。いつもありがとうございます。

⑥また、開業当初から続けているのですが、おつりは新札にしています。これは、患者さんにもスタッフの皆さんにも、生きてると色々あってめげたりもするけれど、新たな気持ちでまた一歩進んでもらえたらと願いを込めています。そして、単純に、新札をもらうと嬉しいので。

こんな感じになってくれるといいな~等ありましたら、院長、受付の方にお伝えくださいね。

これからも、患者さんにもスタッフの皆さんにも、そして、院長にも喜んでもらえるよう、
日々頑張りますので、よろしくお願い致します。

夏の対策 by 院長

こんにちは。院長です。ご無沙汰してしまいましたが、少しずつ、ブログも進めていこうと思っておりますので、よろしくお願い致します。

これから、梅雨の季節から真夏へと向かっていきますが、冷房のきいた電車や建物から、湿度が高く紫外線の強い戸外に出ると、体力を消耗しやすく、体調も崩しやすくなります。
予防策として、薄手のカーディガンを持参の上、こまめに着脱し身体を冷やさない様にされ、冷めた過ぎない水を飲まれる様にして下さいね。また、洋服も出来れば綿・麻など、汗を吸収しやすい気持ちのよい生地を身につけ、いつもより少し身体に優しくされて下さい。

冷たいものを取りすぎて、お腹が痛くなったら、お腹をさすりながら、「頑張ってくれているのだね、ありがとう!」と声を掛けてあげると、お腹も嬉しいかも。手当ても結構効きますよ!

極力、身体の持つ自然な力で良くなっていくのが最良と思いますが、帰省前に体調を整えておきたい、明日大事な試験がある・会議がある、ぐったりして疲れが取れないなどには、自分以外の力を借りる事も良いかもしれません。

特に、夏の季節・年末は、疲労が溜まりやすい時期なので、無理をして寝込んでしまう前に、にんにく注射やプラセンタで、身体をリチャージするのも一つの策かと思います。

HP(自費診療について)にも出ておりますが、定期的に、にんにく注射を受けられ、激務に対応されている方が多いです。私としては、一日ゆっくり身体を休めてもらいたいなと思っても、仕事を休めない状況の方には、お勧めしています。また、プラセンタは若さの維持、もちろん、体調を整える為にも、希望されるのは女性が圧倒的に多いですが、医療従事者の方も多いです。また、奥様の様子を見られてか、男性も増えてきています。

人生の中で、無理をせざるをえない時と、そうでもない時があると思います。
無理をしなくてもいい時は、ゆっくりご自身の身体の力でなおされて、無理が必要な状況では、にんにく注射、プラセンタの力を借りるなど、出来るだけ、身体に負担が掛からないようにバランスをとることも大切なのではと思います。

それでは、笑顔いっぱいの楽しい夏になりますように! お祭り・花火大会も楽しみですね~。
夏の空と海

「世界で一番ちっちゃな図書館」始まりました byマネージャー

はじめまして。

患者さん、スタッフの皆さん、もちろん、院長も、幸せな気持ちになってもらえるよう、
HAPPYな環境作りをメインに担当しています。

新しく「世界で一番ちっちゃな図書館」を待合室に開設しました~
と言っても、本棚の一つの段に、10冊位なのですが。。。

でもでも。。。読んでると、元気がでてきそう~と思える本をおいています。
興味があられたら、持って帰られて、読み終わったら、また戻しておいてくださいね。
(良い感じの本が2冊見つかったので、近日中に追加予定です)

先日は、気に入られて何冊か持っていかれた方もいらして、ホクホク喜んでおりました。
皆さん、よかったら、読んでみてくださいね。 ラッコのオレンジマークが目印で~す!

水カリンバもおいてあります。動かすと、水(世界中を渡ってきた色々な水、もちろん、日本の水も混ざっています)の流れる音が聞こえて、癒されますよ~。こちらも本棚にありますので、触れてみてくださいね。 

昨日は雨、今日は暖かい日と、天候が変わりやすいので、お大事にされてくださいね!
では、また~♪ 

世界で一番ちっちゃな図書館

世界で一番ちっちゃな図書館

【ブログ始めました】 開業への想い by 院長

開業への想い

 

きらく内科クリニックのブログにいらして頂き、ありがとうございます。

 

少しお時間を頂戴して、開業への想いをお話できたらと思います。

 

私は山口県で生まれました。

 

子供の頃から野球が大好きな野球少年でした。今でも、野球選手になりたかったと話し、家族に笑われます。バスケットもして、身体を動かす事が好きです。

 

そして、困っている人を放っておけず、中学のクラス委員をしていた際、いじめられている男の子を見かけ、「そんな事するなよ」と声を掛けた所、その日以来、クラス全員から無視されるようになりました。気にしないようにしていましたが、いじめられていた子に無視された時は、少し虚しくなりました。今思えば、そうしなくては、彼もまたいじめられてしまうのだったと分かります。

 

父が肝臓の大病で亡くなり、その辛い様子を見て、医師になろうと決めました。研修期間から大病を患うまで、24時間365日、人間というよりも医師として生きてきました。目の前で病気で苦しんでいる患者さんを思うと、自分がプライベートで笑ったり、楽しい時間を過ごす事はいけないことだと思っていました。

 

年3日の休日、1週間病院に泊り込みで寝ない日が続いたりなど、今振り返りますと、医師としてだけでなく、もっと人としても生きた方がよかったのではと、その方がもっと患者さんの気持ちに寄り添えたのではないかと、よく思います。

 

研修時代、20代前半の男性患者さんの担当になりました。こころの温かい素晴らしい青年でした。年も近く気持ちも合い、良くなったら一緒に出かけようと親しい友人になっていました。彼の病気は原因不明の重い病気で、日に日に弱りやせ細っていく彼を見ていくのは、亡くなった父への想いと重なりました。彼は、「先生が担当でよかった」と言ってくれた後、間もなくして、お亡くなりになりました。その後はひとりで声を上げて泣きました。なぜ、こんないい人がという想いと、自分の無力さを痛感していたのだと思います。今だったら、もっと色々な事が出来ただろうと、彼を思い出しては、こころが痛みます。

 

不眠不休の様な生活から身体を壊し、手術と長期の入退院を経験しました。これからどうなるのだろうかと将来の不安にさいなまれたり、何日も眠れない日々、周りからの言葉に深く考えこんだり、長い入院生活の中で様々なことを考えました。

 

身体が弱ることは、こころも弱っていくことを感じました。手術後の痛みとこころの痛みを同時に抱え、患者さんはこんな想いをしていることを痛感しました。

 

その後、慢性期病院の院長として、たくさんの長期入院されている寝たきりの患者さんを診療して、なぜ、こうなる前にもっと何かできなかったのだろうかと考えることを繰り返し、患者さんに寄り添った真の治療を自分の手でと思い、開業を決意しました。

 

この場所が、クリニックという枠を超え、より健康で幸せな場所へとの祈りを込め、医療だけでなく、患者さんとそのご家族が楽しく笑顔になれるよう、身体とこころの健康維持に、全身全霊傾けていきたいと思っています。そして、幸せなことやそうでないことも、家族のように、一緒に分かち合えたら大変嬉しいです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

よろしくお願い致します。

 

DSC_0213

きらく内科クリニック

院長 都野 晋一 (つの)

1 2

診療日時

dashed_line

pagetop

アクセス

診療日時

dashed_line

pagetop